住宅あれこれQ&A

生活サポート業務

保険代理店業務

 都内地域情報 会社概要

 

不動産基礎知識 不動産何でもQ&A不動産のプロに学ぶ不動産用語集






不動産の買い時にお悩みでしょうか?大きな買い物ですから、初めにしっかり考えることが大切ですね。このページでは「買い時」について見ていきましょう。
買い時を考える際には、以下の3つの要素がポイントになります。

なんとなく欲しいというだけではなく、「家賃を捨て続けるのがもったいない!」「結婚を機に二人で力を合わせて家を持ちたい」「子供(家族)が増えるので買い換えたい」というように具体的な購入意欲が湧いていること、それが家族全体に共有されていることがポイントです。



日々の生活(衣・食・住)の中で「住」すなわち住むことに対して、いくら位の支払いが可能か?のメドが立ったときに、まずは今払っている資料等を基に、気軽に試算をしてみましょう。また、例えばご夫婦で現在共働きの場合など、融資を受ける場合にも有利に働く「タイミング」というものもあります。それらを踏まえた上で、購入能力を越えない物件の上限価格を設定することが大事です。

地価、住宅価格や金利に割安感があり、住宅ローン減税など特別措置が取られて いるときには市場環境の後押しがあるといえます。

この「意欲×能力×環境」の3つのポイントが揃えば、具体的に不動産探しをしていく時期だと 言えるでしょう。
今、間違いなく不動産の市場環境は割安感があり、購入しやすい時期に来ています。残るはあなたの購入意欲、購入能力だけです。本当に新しい住まいを探したいという思いが生まれたら、初めの一歩を踏み出しましょう。


購入意欲のポイントになるのは、今の住まいと比較した場合、特に賃貸と比較した場合の計算であることが多いといえるでしょう。 実際にはどちらの場合でも、支払額そのものは大きな差はないと考えられます。


もちろん賃貸の場合には管理費や引越し代がかかりますし、購入の場合には固定資産税や修繕費考慮する必要が出てきます。しかし手が届かない、高嶺の花だというような時代ではなく、十分に選択肢として検討できるようになってきていると言えるでしょう。


購入した場合、移転の自由度はやや失われますが(それでも売却することによって住替えをすることができます)、物件の質は、賃貸よりもはるかに良い住空間を得ることができます。一概にどちらが良いということはできませんが、一度不動産会社を訪れ、物件を見学してみるのも良い方法です。

また、住宅ローンを組む際に「団体信用生命保険」に加入しておくと、ご購入後に万一、ローンを残してご本人が亡くなられた場合であっても、住宅ローンの残債はご家族ではなく保険会社がローンを一括返済してくれるという制度もあります。ほとんどの金融機関がこの制度の保険料を銀行負担としていますので、別途保険料をかけずに利用することができます。このような制度をうまく利用していくと、残されたご家族に負担をかけずに、土地建物が残ります。
住宅ローンには様々な工夫ができますので、信頼のおける不動産会社と話し合いながら住まい選びを進めていくことをお勧めします。


良い物件を選ぶためには、まず物件情報を検索しながら自分の要望を全部あるいはほとんど 満たす物件の市場価格がいくら位が平均なのか見てみることが大切です。実際に検索してみることで相場観も身につきますし、間取りのイメージも膨らむようになります。そこで現実とのギャップが大きくても(!?)あきらめないことも大切です。

 
 
物件情報は鮮度が命ですので、更新頻度の高い会社のウェブサイトを使っていくと良いでしょう。(当社の提携不動産会社のウェブサイトでも、毎日更新されている高速検索システムがあり、ここでは月々のお支払額から逆算して探すこともできるので、大変便利です)

 
 
そうしてイメージをつかんだら、信頼できる会社を実際に訪れて、営業マンと相談し、物件見学をしましょう。ここで躊躇いを持つ方もいらっしゃいますが、できるだけ早い段階で不動産会社とコンタクトを取って、資金計画や物件情報について相談をして、そして何よりも「実際に物件を見てみる」ことが大切です。まさに不動産は「百聞は一見にしかず」です。  
実績のある会社であれば、自社だけが持っている「未公開物件」と呼ばれる質の高い物件情報を聞くこともできますし、不動産は専門性の高い取引になりますから、資金計画を初めとして注意点を最初の時期に聞いておくことで、無理や無駄のない安心した取引を行うこともできるようになります。

 

Copyright (C) 2004 Escrow Service Corporation. All Rights Reserved