住宅あれこれQ&A

生活サポート業務

保険代理店業務

 都内地域情報 会社概要

 

不動産基礎知識不動産何でもQ&A不動産のプロに学ぶ不動産用語集





■一戸建ての工法の種類にはどんなものがあるの?

 一戸建てにも建て方=工法によって特徴があります。 建築技術の最先端では日夜様々な工法が研究され、生み出されていますが、日本で出回っている一戸建て物件の多くは「木造軸組工法(在来工法)」「プレハブ工法」「2×4工法」の3種類のいずれかを採用しています。
1  木造軸組工法
 
 木造軸組工法は在来工法という別名の通り、日本で伝統的に採用されてきた工法です。
 木の「柱」と「梁」を軸に組み合わせて家の骨組みを作ることが特徴で、木材が湿度調節機能を 持つことから、高温多湿の日本の風土に合っているとされています。
 但し現場での作業が多く、熟練の職人を要するため、品質のバラツキが見られるという傾向もあります。木造軸組工法の場合には、信頼できるメーカー・工務店の住宅を選ぶことがポイントです。
 日本では木造在来工法を希望する人が最も多く、根強い人気を持つ工法だといえます。

 


2  プレハブ工法
 
 プレハブ工法は、プレカット工場と呼ばれる工場で部材をカットしておき、現場では「組み立てる」ことを中心に家作りを行う工法のことです。このため品質のバラツキは少なく、大量生産が可能になります。
 工期も短くなる傾向があり、特に小ユニットの組み合わせまでを工場で行い、現場では組み立てるだけに専念するユニット工法の場合には、約30〜40日という短工期で完工することが可能に なります。
 全体の着工件数のなかでは約14〜15%のシェアを持つ工法です。



3 2×4(ツーバイフォー)工法
 
 2×4工法の名前の由来は、「2インチ×4インチ」の木材を使用することからきています。 このサイズの木材で作った「パネル」を床、壁、天井に使用し、面で構成された「箱型」の住まいを組み立てます。いわば柱のない工法であり、もともとは北米から入ってきました。
 気密性が高く、火災や地震などにも強い工法だといわれています。プレハブ工法と同じく、規格化 の部分が強いために品質のバラツキも少なくなりますが、一方でリフォーム等の際には制約を 受ける場合があります。
 最近では木造ではなく軽量形鋼を使った「スチールハウス」も注目されています。
 

Copyright (C) 2004 Escrow Service Corporation. All Rights Reserved