住宅あれこれQ&A

生活サポート業務

保険代理店業務

 都内地域情報 会社概要

 

不動産基礎知識不動産何でもQ&A不動産のプロに学ぶ不動産用語集





 
■買換え特約
住替えの際に、現住居が売れることを条件にして、新住居の購入を契約することを「買換え特約」といいます。住替えの際には、古い住まいを販売することと新しい住まいを探すことを同時並行で進める場合がありますが、新しい住まいで良い物件が先に見つかったときに、このような特約を結ぶことがあります。
■解除条件
発生することが不確定な事実があるとき、その事実が発生した場合に契約を解除するという条件を定めることを、解除条件といいます。これに対して、発生することが確定している事実(2007年4月1日がきたとき、というように絶対に発生することがわかっている場合)を解除の条件とする場合、停止条件といいます。
■買取保証
媒介契約を締結してから一定期間を経過しても売買契約が成立しない(買い手が現れない)場合に、仲介業者が所定の価格で買い取ることを保証することをいいます。住替えに際する現物件の下取りの際に主として用いられることがあります。
■開発許可
都市計画を適正にコントロールするため、一定地域の一定規模以上の開発については許可が必要なものとされています。この際の許可を「開発許可」といいます。一定地域とは市街化区域および市街化調整区域に関する都市計画が定められた都市計画区域内を指し、面積についても区域ごとに定められています。
■買戻しの特約
売買契約の締結後、一定期間を経過した後に、売主が代金と契約の費用を返還して、不動産を買い戻すことができるという契約内容をいいます。買戻しの期間は10年を超えることはできず、仮に10年を超える期間で契約をしても、その期間は10年とされます。現状では、転売を抑止する手段として用いられることが多くなっています。
■解約
契約において、当事者の一方の意思表示により契約関係を消滅させることをいいます。不動産売買契約においては、解除と同様に契約解消の効果は締結時まで遡るものとして解釈されています。
■解約手付
いったん売買契約を締結するものの、正式に決めるには条件が整っていないことから、後に解除する可能性があることを認め、その可能性を担保するための一時金として授受される金銭をいいます。解約手付が授受されている場合、買主は手付金を放棄することで、売主は手付金を倍返しすることで、売買契約を解約することができます。
■価格査定
不動産売買取引において、売主より売却の媒介依頼のあった不動産物件に関して、宅建業者が専門家の立場から、合理的希望価格を形成するために価格を調査・算出することをいいます。ただし主観的な観点のみから査定を行うことは認められず、必ず一定の標準的手法に従い、取引事例を根拠として明示し、比較検討をしながら客観的・実際的な成約見込み価格を査定することが義務付けられています。
■瑕疵担保責任
売買の対象となる不動産に隠れたる瑕疵があった場合には、その瑕疵における損害分を、売主が買主に対して賠償する責任があることをいいます。瑕疵があったということは、契約時に買主が予測した物件価値よりも実際の物件価値が低く、相対的に高い金額を支払ってしまったということを意味するため、公平性を担保するために損害賠償責任を負わせるものです。但し買主は、瑕疵の存在を認知してから一年以内に権利を行使する必要があります。
■仮登記
本登記(終局登記)を行うだけの実体法上もしくは手続法上の要件が完備していない状態で、登記の順位を保全するために仮に行う登記のことをいいます。後日本登記が為された場合には、仮登記において定められた登記順位に則ることができますが、仮登記の状態の時点では対抗力はないものとされています。


Copyright (C) 2004 Escrow Service Corporation. All Rights Reserved